キャッシング

お金を借りるなら知るべきであるキャッシングの金利

投稿日:

キャッシングをする際は必ず金利が付きます。金利の計算などを正しく理解することで、返済の負担を少しでも減らせます。

お金を借りる方法には、キャッシングの他にもカードローンがあります。2つとも、使用目的が限定されておらず、お金を借りる際の大きな違いはありません。しかし借りる際の金利は、カードローンよりもキャッシングの方が高いのが一般的です。

キャッシングはクレジットカードに付帯されていたりするので、カードローンよりも利便性が高かったりします。そんなキャッシングの金利負担を減らす方法は、繰り上げ返済を行うことです。

また、キャッシングには一括返済を選択することもできます。繰り上げ返済をすることで、毎月決まった額を返済するよりも負担を減らせます。金利は、借りている日数が長くなるほど増えるからです。

月々の金利の計算方法が、借入額に年利と30日を掛けます。それを365日で割ると月々の金利が出ます。

キャッシングは金利が高めといっても、法律で上限金利が決まっています。上限金利は融資額によって違いがあります。10万円未満なら年利20%、100万円未満なら年利18%、100万円以上なら年利15%です。この金利を越えて貸付を行った場合は無効になります。

しかし、これは法律で定められた上限金利なので、貸付する会社によってこの上限金利以内で違いがあります。金利負担を減らすためには、より金利を低い会社を利用した方が良いです。中には無利息サービスを行っている会社もあります。

アコムの30日間金利0円サービス
https://www.acom.co.jp/first/zero/

アコムで即日借りるには?必要書類や審査通過率も申し込み前に確認
https://www.cardloan-time.com/consumer/acom.html

金利で比較する場合、注意するのが各社の最低金利と最高金利だけで比較しないことです。実は自分がお金をキャッシングする際の金利は、審査を受けてみないと分かりません。最高金利が低くくても、審査を受けてみたら、他の会社の方が低く借りられることもあります。金利は、利用限度額などで決められます。迷った時は、実際に審査を受けてから決めた方が良いです。

金利を低く抑えたいなら、キャッシング枠だけでも多くすることで低くできます。金利は実際に借りる金額ではなく、いくらまで借りられるかという限度額で決まります。キャッシング枠が多くなるほど、金利は低くなるのが一般的です。審査が通って枠がたくさんあっても、実際に借りる金額は少なくすれば良いのです。

またキャッシングは、金利負担を減らすために一括払いを選択していても、翌月予想外の出費でお金がなくなることもあります。そんな時は、後からリボ払いを選択することもできます。

-キャッシング

Copyright© カードキャッシングで金欠を抜け出すブログ , 2018 All Rights Reserved.